TOP > F1アメリカGP
 ← 「エンジン」最終回 | TOP | ル・マン24時間耐久レース

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク F1アメリカGP 

2005年06月20日 ()
殆ど寝ず仕舞いで行ったインタークラブから帰った日曜の夜、ESPNのルマン中継に続いて、F1USGP観戦にフラフラになりながらTV前に横たわった。

このF1を含むモータースポーツは、レース競技自体、リスクがあるが、それは野球でのデッドボールなどと同様でつき物。それらを一脱した危険からの、参加者を代表に観戦客などその競技会場にいる者の「安全」の確保が大前提となって行われていると信じている。

フリー走行のラルフ・シューマッハー(トヨタ)にまたしても起こったタイヤトラブルによるアクシデントを機に発覚した、今回のミシュランのタイヤ問題、そしてそれを巡るFIA、ミシュラン陣営のボイコットと言うとても憂慮すべき事態、BS陣営のみのレースとなってしまった事について自分の考えを書きたい。

先に記した「安全」の確保と言う面において、チーム側、FIA、そしてミシュランは、ある程度の”最低限”の責任を果たしたと考える。
最低限と特筆した訳は、少なからずとも憤りを感じているからだ。

今回発覚したタイヤトラブルは構造的な欠陥と言う見方が強い。
ユーザーに対し出走を止める様に促したミシュランは、その行動はメーカーとして、ユーザーへの義務と言う点では合点がいくし、レース後発表された声明文でのファンへの陳謝も最もだと感じる。
が、しかし。しかしだ。
ミシュランのこの一件は今回に始まった事で無く、昨年も同じトラブルを抱えていて、むしろ昨年のUSGPでのラルフのアクシデントの方が危険で問題視されなければいけない。
それを経験しておきながら、1年も経った今回も同じトラブルが出た事がとても残念でならない。
声明文にある安全の確保と言うもっともらしく書かれた記述がちゃんちゃらおかしく思えてしまう。
本当に安全と言うものを考えていたのだろうか。本当に去年の経験を憂慮し、反省しているならば、11台ものマシンに同じトラブルは確認されなかったはずだ。

またFIAに却下された最終コーナーにシケインを設けると言う要求は、直前でもコース変更は常識外れであるし、FIAが却下するのも当然だが、それは「危険と言うリスクを最小限にしてでも走りたいんだ」と言うチーム、ドライバーの意思の表れと感じているが、今回に限りタイヤ交換を許可すると言う手段は選択出来なかったとも思う。

そして、一部感情的になってしまった観客に対して。
気持ちはとてもよく分かるが、コースにものを投げては絶対にいけない。
あのシーンにも頭に来てる。フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台と、それに乗る6人のドライバー、そしてチームはボイコットした7チームをあざ笑って走っている訳で無いし、ちゃんと仕事をしているのだ。しかもそれを撤去しに行くマーシャルもとても危険なのだ。

もう一つ。
そのおざなりにされてしまった観客とファンに対する主催者側の対処とあれこれ。

レース直前までその行動をあきらかにしなかったミシュラン陣営とそれをコントロール出来なかったFIAとの間の話し合いは、如何なる物か分からないが、ボイコットを決めた時点で、それを主催者側に提示し、サーキットに実際来て心をワクワクさせて、今か今かと待ち構えている観客達にレース事前に、その意向を発表し、説明すべきだったのではないだろうか。
確かにこの騒動を察知して、来なかった観客もいたと聞くが、FIA、FOCAのやる事は、あまりに政治的になった「エフワン」と言うものを、手先だけのコスト削減案や猫の目の様に変わるルール改正でもなく、「誰の為のレース、そしてそのレースの主人公が誰であるか」をまず考えるべきだと考える。

そしてファンとして。
実際どうかは分からないが、バトン3位、琢磨8位と予選好位置につけたものの、タイヤトラブルが見られないまま結果的に10チーム中、唯一無得点になってしまったBARホンダと初ポール獲得を果たしたトヨタ、そしてトゥルーリを代表にボイコットを強いられていまったドライバー達の心情を思うと悔しくてたまらない。
スポンサーサイト
[2005.06.20(Mon) 00:00] モータースポーツTrackback(2) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

by 1sugi
>masa様
やれやれな展開でした...。

今回の場合、どこを突っついても「明らかに間違った主張」ってモンが無いような気がします。なのに観客がつまんない思いをしてしまうし、興行的にも???なコトになってしまったのは、結構根深いな、と邪推してしまいます。繰り返さないように同じテーブルで話し合い、方策をたててもらいたいです。てっか、そっちに向けて動いて欲しいでし。
今回のような事態が起きてしまうことは、誰にとっても「損」なので、興行収入が重要になってるならそれでもいいですから、商売や多数派工作に走るならそれに徹して、上手に「客」を喜ばせて正々堂々「儲けて」欲しいよな気がします。


by まさそり
6台走行と言えば、昨年のロータス50周年で走ったロータスF-1と同じ数ですなー。走行会かよ!

ミシュラン=危険 BS=安全なタイヤとしてインプットしておきますかね。

なんだかなー。

by 1sugi
>masa様
ダニカ...ですかぁ?。な~んか、この選手のコトですから、いっくら頼んだって、少なくともIRLで年間チャンプ獲るまでは来ちゃくれないでしょう...チャンプ獲ったってどーなんだか。自分の立ち位置に誇り持ってる人は軽々には動かないでしょー。大体、F1人気が最近どーもなのは、ドライバーのせいじゃないでしょに。

あ、拙blogに、今回の騒動につき、「プロレス」と「ボクシングヘビー級」のタイトルマッチに例えをかり、貴重なご意見を寄せて下さった方がいらっしゃいます。こういうのって「宣伝・誘導」カモなのですが、ご一読をお薦めします。

コメントを閉じる▲

 ← 「エンジン」最終回 | TOP | ル・マン24時間耐久レース

COMMENT

>masa様
やれやれな展開でした...。

今回の場合、どこを突っついても「明らかに間違った主張」ってモンが無いような気がします。なのに観客がつまんない思いをしてしまうし、興行的にも???なコトになってしまったのは、結構根深いな、と邪推してしまいます。繰り返さないように同じテーブルで話し合い、方策をたててもらいたいです。てっか、そっちに向けて動いて欲しいでし。
今回のような事態が起きてしまうことは、誰にとっても「損」なので、興行収入が重要になってるならそれでもいいですから、商売や多数派工作に走るならそれに徹して、上手に「客」を喜ばせて正々堂々「儲けて」欲しいよな気がします。

[ 2005.06.21(Tue) 14:22] URL | 1sugi #uYq3Pu3Y | EDIT |

6台走行と言えば、昨年のロータス50周年で走ったロータスF-1と同じ数ですなー。走行会かよ!

ミシュラン=危険 BS=安全なタイヤとしてインプットしておきますかね。

なんだかなー。
[ 2005.06.21(Tue) 17:19] URL | まさそり #DzUAaMXU | EDIT |

>masa様
ダニカ...ですかぁ?。な~んか、この選手のコトですから、いっくら頼んだって、少なくともIRLで年間チャンプ獲るまでは来ちゃくれないでしょう...チャンプ獲ったってどーなんだか。自分の立ち位置に誇り持ってる人は軽々には動かないでしょー。大体、F1人気が最近どーもなのは、ドライバーのせいじゃないでしょに。

あ、拙blogに、今回の騒動につき、「プロレス」と「ボクシングヘビー級」のタイトルマッチに例えをかり、貴重なご意見を寄せて下さった方がいらっしゃいます。こういうのって「宣伝・誘導」カモなのですが、ご一読をお薦めします。
[ 2005.06.22(Wed) 12:47] URL | 1sugi #uYq3Pu3Y | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://greencasket.blog13.fc2.com/tb.php/97-d295fa2e

麦酒がぼがぼ飲んで、強引に早寝して、夜中に起きて、TVつけて....。 ...
[ 2005.06.21(Tue) 01:40 ] 1sugi's ToyBox

***F1第9戦アメリカGP、前半戦の折り返しとなった一戦は、ミシュラン陣営がタイヤに問題を抱え、フォーメーションラップで続々とピットインし、レースを終えるといった波乱の幕開けとなった。発端はフリー走行2回目にラルフ・シューマッハ(トヨタ)がクラッシュ...
 ← 「エンジン」最終回 | TOP | ル・マン24時間耐久レース

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。