TOP > 「チチ」と「ムスメ」の関係
 ← いよいよ開幕~F-1~ | TOP | タイトルなし

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 「チチ」と「ムスメ」の関係 

2005年01月30日 ()
「オヤジ、ウッゼェ~」「オヤジ、クッセ~」「オヤジ、キッタネェ~」
年頃の女の子がこう口にするのをTVとかで、耳にする。 うちのカミさんや女友達たちも例外ではなさそうだ。
唯でさえ異性である親子関係は結構難しそうだが、
この極ありふれた日常の親子関係を描いた映画を大学時代からの親友Yと観に行った。
銀のエンゼル
とある北海道の田舎で日頃気ままに暮らす、コンビニを経営するオーナー北島昇一(小日向文世) が店を任せっきりだった妻佐和子(浅田美代子)の交通事故を切っ掛けに、それまでの生活から 悪戦苦闘の末、父として、一家の主として、一人の人間として変貌していく様を描いた映画だ。
そこでこのストーリーの中心となっていくのが、高校3年の娘、由希(加藤めぐみ)との関係。 会話など、ろくすっぽ無い父娘関係。
店の事情はおろか、大学進学を控える娘の心境を全く知らなかった事に気付く昇一。そしてその昇一に対して 苛立つ由希。
ある事を切っ掛けに冷え切った親子関係にまた温もりが戻っていくのだが、それを観た友人の 「おっか(俺のあだ名)んちもそろそろなんじゃん?(笑)」と言う問いかけに、 俺は「うちは・・・どうなんだろね!?(笑)」と答えた。
家に帰った後、手に入れたばかりのケータイたまごっちを見せては、そのキャラを嬉しそうに説明してくれる 娘がちょっと嬉しく思える父、俺。そして買ってきたプログラムを観ては「加藤めぐみ、かわぇぇ~」と思う俺。
父として、一人の人間として、まだまだ発展途上の様である。。(苦笑)
スポンサーサイト
[2005.01.30(Sun) 17:00] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← いよいよ開幕~F-1~ | TOP | タイトルなし

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://greencasket.blog13.fc2.com/tb.php/38-d536594a
 ← いよいよ開幕~F-1~ | TOP | タイトルなし

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。