TOP > ホンダRA099 ~2005 F1日本GP観戦ダイアリーvol.6
 ← 2005オフィシャルレポート vol.6 | TOP | FIA Formula-1 Rd.18 FujiTV JAPANESE GRAND PRIX ~2005 F1日本GP観戦ダイアリーvol.5

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ホンダRA099 ~2005 F1日本GP観戦ダイアリーvol.6  

2005年10月14日 ()
suzuka20b.jpg

足早にスタンド裏の通路を歩いた。まだV10サウンドは響くも、今日のレースに特に未練はなかった。

テクテクと歩く足を一つの看板が止めた。

「今は整理券無しでご覧頂けます」

この奥の催事場では、「Challenge to The Top 日本のグランプリ史ー頂点を目指した挑戦の歴史」と題打った展示会が行われていた。
日中は整理券が邪魔くさくて入らなかったのだが、この「整理券無しで・・」に「ん~、どっしよっかなぁ」と悩みつつも体は既に会場に動いていた。

会場に入るや否や、ロータス29やら初代スカGやらが出迎える。
しげしげと見ながら足を動かしていくと、奥にはマトラやらフェラーリF187やら。19年前のF1鈴鹿初開催のレースでゲルハルト・ベルガーが勝ったマシンだ。

その他、ホンダF2やらロータス、ティレル、マクラーレンと言ったホンダF1参戦第2期の黄金期を飾ったマシンがズラズラ。
まぁ、この辺はもてぎで観れるから良いとしてと、流す。

そして、進むと白いフォーミュラカーが目に入った。

観た瞬間、体に電気が走るような、ゾクっとした感覚が走った。

ホンダが今の第3期のF1参戦体制に入る前の1997年、一枚のプレスリリースが世界を駆け巡った。
ホンダF1復活だった。
そして翌年1998年、濃い霧に包まれたイタリア、バイラノで身に覚えのある甲高いサウンドだけが報道陣に届いたと言う。
ホンダ復活の産声であり、このRA099のシェイクダウンだった。

ホンダはこのプレスリリースで、シャーシをも開発、純ワークスチームとしての参戦を示唆していた。
イタリアのダラーラが製作したRA099は、ホンダがF1参戦の為に創った元ティレルのスタッフを中心としたHRDのスタッフとドライバー、ヨス・ベルスタッペンに委ねられ、その後のテストで好タイムを連発。他チームとの初の合同タイムで現役参戦チームをよそにトップタイムを叩き出した。

これに疑惑が様々起こったが、テストは続行されていく。
suzuka21b.jpg
そして元ティレル、テクニカルディレクターでHRDの現場総指揮を執っていたハーベイ・ボスレスウェイト博士の急逝により、プロジェクトは失速。
写真奥に見える現チームBARへのエンジンサプライヤーと言うかなりトーンダウンした形でF1に復帰し、RA099と様々な疑惑は闇に消えたと言う幻のオールホンダF1マシン。

RA099が元ティレルのスタッフの手によって開発された事、BARがティレルを買収して作られたチームである事、そしてそのBARをホンダが完全買収して、来年待ちに待ったオールホンダで参戦する事。
何ともこう考えていくと因縁めいたものを感じずにはいられない。

そしてティレルと言えば、ホンダと言えば、あの人が頭に浮かばない訳が無く、今11番目のホンダ系チームの憶測が飛び交う中、あの人の監督としてのF1復帰を願わずにはいられない。

そんな事を夢見ながら、帰り折角喫煙車の席を取るも寝てしまい、気づけばこののぞみの唯一の停車駅、新横浜に停車していた。。(トホホ
スポンサーサイト
[2005.10.14(Fri) 01:22] モータースポーツTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

楽しく拝読いたしました(^^) by 1sugi
>masa様
観戦記、楽しく拝読いたしましたです。当日は急な野暮用で録画もできず、masa様のレポートと某所よりの救援円盤(謎)で後日復習したよな次第です。あ、まだ上海のビデオも見てないや(^◇^;)。
文章もさることながら、画像もお見事ですねぇ(^^)。レーシングスピードのマシンを画面中央で押さえられるなんて凄すぎです(@@;....ワタシの「あーむ」では...嗚呼...orz。

RA099.....未だ見えてこない11番目のチーム....どうなるんでしょうね、ほんとに。

で。

所謂「垣夜」でお出かけになったですね。昔々「垣夜」にはよくお世話になりました。全席指定ぢゃ「青春十八」は使えないのでしょうね(^^ゞ。
「青春十八」と「垣夜」と「輪行袋」...なにもかもみな懐かしい...。

コメントを閉じる▲

 ← 2005オフィシャルレポート vol.6 | TOP | FIA Formula-1 Rd.18 FujiTV JAPANESE GRAND PRIX ~2005 F1日本GP観戦ダイアリーvol.5

COMMENT

>masa様
観戦記、楽しく拝読いたしましたです。当日は急な野暮用で録画もできず、masa様のレポートと某所よりの救援円盤(謎)で後日復習したよな次第です。あ、まだ上海のビデオも見てないや(^◇^;)。
文章もさることながら、画像もお見事ですねぇ(^^)。レーシングスピードのマシンを画面中央で押さえられるなんて凄すぎです(@@;....ワタシの「あーむ」では...嗚呼...orz。

RA099.....未だ見えてこない11番目のチーム....どうなるんでしょうね、ほんとに。

で。

所謂「垣夜」でお出かけになったですね。昔々「垣夜」にはよくお世話になりました。全席指定ぢゃ「青春十八」は使えないのでしょうね(^^ゞ。
「青春十八」と「垣夜」と「輪行袋」...なにもかもみな懐かしい...。
[ 2005.10.18(Tue) 23:39] URL | 1sugi #uYq3Pu3Y | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://greencasket.blog13.fc2.com/tb.php/139-d27991b8
 ← 2005オフィシャルレポート vol.6 | TOP | FIA Formula-1 Rd.18 FujiTV JAPANESE GRAND PRIX ~2005 F1日本GP観戦ダイアリーvol.5

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。