TOP > Spirits of The Rally 2005
 ← 台風一過 | TOP | 雑貨屋で買うTシャツ

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク Spirits of The Rally 2005 

2005年07月25日 ()
for_blog_rally002.jpg

Miniが縁で知り合ったまさそりさん親子をお誘いして、我がファミリーと一緒に横浜赤レンガ倉庫で行われた「Spirits of The Rally 2005」に行って来た。
数ヶ月振りに見たまさそりさんの娘さんは大分大きくなっていて、改めて驚いた子供の成長の早さ、そして我が子の普段垣間見えない部分の成長振りに嬉しくなった一日となった。
行く道沿いにあった横浜税関の資料館に帰りに少し寄って、開港して今年146年目を迎えるこの横浜の港で輸出入される品物の遍歴を垣間見たので、少し俺の歴史感!?を交えて書きたい。

歴史ってのは建物然り、クルマ然り、物の形からその物が作られた年代の技術や流行、社会的背景も読み取れる。
赤レンガのある埠頭が完成したのは丁度100年前、この2つの倉庫が完成したのは、90年以上も前の事だそうだ。
今も残る赤レンガの他、旧県庁などなどの"洋館"を見ると、欧米烈強国に追いつき追い越せの富国強兵の勢いと、鎖国から開港して以来、目の前で見、肌身で感じた異国文化へのカルチャーショックは、きっと今以上に強烈だったに違いなかったと想像を掻き立てられる。

世界への玄関となった横浜港から輸出される製品は、遂40年近く前まで生糸だった。クルマが少しずつ顔を出してきたのは、その直後の1960年代後半の事になる。

上の写真は「ダットサン富士号」と言って、1957年10月に発売された「210」をベースにして1958年に行われたオーストラリアラリーに参戦し、見事クラス優勝に輝いたクルマ、しかも実物だ。
自動車大国の名はまだまだ遥か遠い、ましてやモータースポーツなんぞは、その後も暴走族の延長上的にしかみられなかった認識低いこの国、当時の日本において、19日間総距離10,000kmの過酷なラリー参戦と言う事件は、勝海舟率いる咸臨丸が日本人自らの手で太平洋を渡った、いや有人飛行で見知らぬ星に着陸した位の大冒険で、しかもそこで優勝してしまうと言うのは、同時期に設計され、当時のスペックがほぼ同じだったMiniに乗っている人間としては、堪らなくエキサイティングな事なのだ。

以来時代は流れて自動車が輸出量1位に君臨し続け、自動車大国の名を手にした日本。
目覚しい技術革新を遂げ、最高馬力34psだったダットサン富士号は最早足元にも及ばないくらいのモンスターマシンが誕生し、時速200kmで砂漠をかっ飛ぶトラック(カミオン)さえも出現した。
まだドライバーなどソフト面で劣勢だが、中世ヨーロッパの騎士道文化が発祥の世界のラリーシーンにおいて、サムライ魂は砂煙と水飛沫を上げながら駆け抜けている。追いつき追い越せと。
PCWRC参戦の新井敏弘駆るNクラススバルインプレッサ
パリダカでお馴染みのカミオンクラス 菅原義正駆る日野レンジャー 
JWRC第5戦からデビューのスズキスイフト スーパー1600
スポンサーサイト
[2005.07.25(Mon) 19:00] モータースポーツTrackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

う~む。 by まさそり
切り口が素晴らしいですね!富士号からそう持ってくるとは、流石です。ワタシも富士号の写真は撮ったけど、使いこなせませんでした。汗。(ジュニアWRCで大活躍のスズキも。。。)
ミニが世に出たころに、すでに国際ラリーで勝った富士号もエライけど、クラッシュの痕跡をそのまま残して保存してるのもすごかったですね。Zのサファリ仕様もそうでしたね。

富士号だっ!! by 1sugi
>masa様
本館!?のラリーカー達の写真を拝見しまして....また落ちました(__;)...道具にばっか凝って、枚数ばっか撮らんと、「写真に」精進せねばいかんですねぇ、私...しかも当日は某所で野暮用で、清水の似たよなイベントにもいけんかった(T^T)。

で。

赤レンガ倉庫は明治の建築家、いわゆる第一世代の妻木頼黄(えっと、便宜上"黄"って書きましたが、本来は"廣"の中身?を書きます)、の作品です。たしか内部の鉄柱はドイツからの輸入品です。ま、外国人から直接学んだ第一世代では、妻木(赤レンガ倉庫やら横浜正金銀行やらの設計者)がドイツ派、辰野金吾(東京駅やら日銀やらの設計者)がイギリス派、片山東熊(東博,京博,奈良博に赤坂離宮やらの設計者)がフランス派って覚えとくとなにかと便利...かなf(^ー^;。
まぁこの世代の人達は、ウデはともかく気合い入ってますよ。明治時代を作る時代の動きになんかかんか関わってた人ばかりですからねぇ...作るモノも国家記念碑的なモノが多いし...他の二人はともかく、妻木は内務・大蔵両省の主任技官だったワケだし...なんてコトは、図書館ででも近代建築史の本見りゃ出てます。最近流行りみたいですしね、近代建築史(^^)。

さて、富士&桜号は、日産吉原工場謹製でございますですよ(^^)。長らく日産ワークスの監督をお勤めになった若林さんの初仕事です。当時は吉原工場(現JATCO)もフルライン工場でして、ブルーバードの誕生した場所でありますです。ですんで、ながらく東海道線からも見えるように「日産ブルーバード」の大看板が出てましたです。その後「技術の日産」看板となり、いつのまにやら無くなって...地元民としては寂しい限りでございます。
富士や桜も生産ラインから部品を回して強化して仕立てたクルマです。完走したときは、吉原商店街で提灯行列やったそーです。へ?なんで知ってるかって?。あちこちに書きましたけど、当時ウチの母様は、日産吉原工場資材管理課におりまして、ラリーマシンの部品調達事務やってたんですもの(^^ゞ。ほんで、私の最初のクルマの玩具は、母様から貰った富士号の記念ティントイだったんです。気に入りすぎて遊びすぎ、とうに壊しましたけどもね(^◇^;)。
もう特に探してまで富士&桜のミニカーを買おうとは思わないけど、母様にいっぺん実車見せてやりたいなぁ(^^)。

にしましても...駄長文多謝m(__)m>各位

望む常設公開施設>日産様 by 1sugi
>masa様
まぁ...ワタシ「みぃはぁ」ですから、全方位に「面白いものはいねがぁ~」っとアンテナだけは張ってます。実践がともなわないのがどうもねぇ...。

さて、本エントリを母様に見せましたら懐かしがりましたです(^^)。光沢紙にプリントアウトして、富士号を名刺大にちょんぎって「ほれ」ってあげましたら、なにやら「だいじなものばこ」にしまってました(^^ゞ。

古めのラリーカー大好きなので、またなにかイベントがありましたら、是非ご一緒したいですね(^^)。

コメントを閉じる▲

 ← 台風一過 | TOP | 雑貨屋で買うTシャツ

COMMENT

切り口が素晴らしいですね!富士号からそう持ってくるとは、流石です。ワタシも富士号の写真は撮ったけど、使いこなせませんでした。汗。(ジュニアWRCで大活躍のスズキも。。。)
ミニが世に出たころに、すでに国際ラリーで勝った富士号もエライけど、クラッシュの痕跡をそのまま残して保存してるのもすごかったですね。Zのサファリ仕様もそうでしたね。
[ 2005.07.26(Tue) 17:31] URL | まさそり #DzUAaMXU | EDIT |

>masa様
本館!?のラリーカー達の写真を拝見しまして....また落ちました(__;)...道具にばっか凝って、枚数ばっか撮らんと、「写真に」精進せねばいかんですねぇ、私...しかも当日は某所で野暮用で、清水の似たよなイベントにもいけんかった(T^T)。

で。

赤レンガ倉庫は明治の建築家、いわゆる第一世代の妻木頼黄(えっと、便宜上"黄"って書きましたが、本来は"廣"の中身?を書きます)、の作品です。たしか内部の鉄柱はドイツからの輸入品です。ま、外国人から直接学んだ第一世代では、妻木(赤レンガ倉庫やら横浜正金銀行やらの設計者)がドイツ派、辰野金吾(東京駅やら日銀やらの設計者)がイギリス派、片山東熊(東博,京博,奈良博に赤坂離宮やらの設計者)がフランス派って覚えとくとなにかと便利...かなf(^ー^;。
まぁこの世代の人達は、ウデはともかく気合い入ってますよ。明治時代を作る時代の動きになんかかんか関わってた人ばかりですからねぇ...作るモノも国家記念碑的なモノが多いし...他の二人はともかく、妻木は内務・大蔵両省の主任技官だったワケだし...なんてコトは、図書館ででも近代建築史の本見りゃ出てます。最近流行りみたいですしね、近代建築史(^^)。

さて、富士&桜号は、日産吉原工場謹製でございますですよ(^^)。長らく日産ワークスの監督をお勤めになった若林さんの初仕事です。当時は吉原工場(現JATCO)もフルライン工場でして、ブルーバードの誕生した場所でありますです。ですんで、ながらく東海道線からも見えるように「日産ブルーバード」の大看板が出てましたです。その後「技術の日産」看板となり、いつのまにやら無くなって...地元民としては寂しい限りでございます。
富士や桜も生産ラインから部品を回して強化して仕立てたクルマです。完走したときは、吉原商店街で提灯行列やったそーです。へ?なんで知ってるかって?。あちこちに書きましたけど、当時ウチの母様は、日産吉原工場資材管理課におりまして、ラリーマシンの部品調達事務やってたんですもの(^^ゞ。ほんで、私の最初のクルマの玩具は、母様から貰った富士号の記念ティントイだったんです。気に入りすぎて遊びすぎ、とうに壊しましたけどもね(^◇^;)。
もう特に探してまで富士&桜のミニカーを買おうとは思わないけど、母様にいっぺん実車見せてやりたいなぁ(^^)。

にしましても...駄長文多謝m(__)m>各位
[ 2005.07.28(Thu) 01:01] URL | 1sugi #uYq3Pu3Y | EDIT |

>masa様
まぁ...ワタシ「みぃはぁ」ですから、全方位に「面白いものはいねがぁ~」っとアンテナだけは張ってます。実践がともなわないのがどうもねぇ...。

さて、本エントリを母様に見せましたら懐かしがりましたです(^^)。光沢紙にプリントアウトして、富士号を名刺大にちょんぎって「ほれ」ってあげましたら、なにやら「だいじなものばこ」にしまってました(^^ゞ。

古めのラリーカー大好きなので、またなにかイベントがありましたら、是非ご一緒したいですね(^^)。
[ 2005.07.29(Fri) 06:31] URL | 1sugi #uYq3Pu3Y | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://greencasket.blog13.fc2.com/tb.php/114-7963171d
 ← 台風一過 | TOP | 雑貨屋で買うTシャツ

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。