TOP > 映画館での過ごし方を考えた
 ← 暑中お見舞い申し上げます。 | TOP | New Sport X

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 映画館での過ごし方を考えた 

2005年07月17日 ()
子供達と子供達の友達の付き添いで、「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ」を観に区内にある都内唯一のワーナーマイカルシネマズに行った。
3連休初日の本日公開のこの映画、まだ幼い子供達から小学生くらいの子供達とその親御さん達で瞬く間に館内は満員。
とても楽しみにしていたのだろうか、キャッキャとはしゃぐ子供達。"映画館内は静かにするもの"が慣例だが、この騒がしさが別に嫌じゃなかった。と言うか、こう言う場でも思いっきりその喜びを目一杯に表す彼らが羨ましくさえ思う。

大学3年の時に行ったアメリカでのホームステイ中、ホストファミリーと「パトリオットゲーム(主演:ハリソン・フォード)」を観に行った時の事を急に思い出した。上映中も観客は思いっきり笑ったり、驚いたりしてた。俺も釣られて受けた感動を声に出してたが、それはそれは気持ちのいいもんだった。
そいや、今や映画館のあり方に主流となりつつある、このワーナーを始めとするシネマコンプレックスの発祥はアメリカ。
売店の雰囲気といい、子供達と突付き合って食ったポップコーンが溢れんばかりに入ったバケツみたいなカップを抱え、ペプシを飲みながら観るこのスタイル。
どうせなら、"シネコンマナー"なる声に出して感動できる特有のもんもあっていいかなぁ!?なんて思ったりもする。

まぁ、何でもかんでもあの国に追随するのはかなり問題だが。
スポンサーサイト
[2005.07.17(Sun) 01:13] 映画Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 暑中お見舞い申し上げます。 | TOP | New Sport X

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://greencasket.blog13.fc2.com/tb.php/110-51485b7b
 ← 暑中お見舞い申し上げます。 | TOP | New Sport X

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

SEARCH

RSS

LINK LIST

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。